デパスが規制の対象に!そんな時に現れた救世主セディールを紹介

安全な抗不安剤

セディールは1996年に発売され、現在は大日本住友製薬が販売しているアザピロン系の睡眠薬・抗不安薬です。

セロトニンに直接作用することによって効果を発揮するこの薬は、セロトニン1A受容体部分作動薬とも言い、依存症や副作用が起きにくいのが最大の特徴と言えるでしょう。
セロトニン受容体のバランスを整えることによって、気分を落ち着かせ、不安や緊張と言った精神の状態を改善するのですが、そのために不安が原因の睡眠障害にも有効とされているため、睡眠薬としても利用されています。
また、睡眠薬として以外には軽度の抗うつ作用も認められています。
ちなみに現在のセディール以外の抗不安薬はベンゾジアゼピン系になります。
ベンゾジアゼピン系の薬品は即効性があり効果の実感は得やすいのですが、依存性や副作用のリスクも大きくなります。

血中濃度がピークに達するまでの時間を最高血中濃度到達時間と言い、血中濃度が半分になるまでの時間をを半減期と言います。
セディールの場合は最高血中濃度到達時間はおよそ1.4時間、半減期もおよそ1.4時間です。
つまり服用後、1.4時間ほどで最も効果が現れ、その後さらに1.4時間ほどで体内の薬成分は半分ほどに減少します。
このことからは短時間での切れの良い効果を持っていると言えるでしょう。
ただし、効き目は非常に穏やかなために、何日か服用を継続して効果が実感できるということもあります。
服用は、10mgまたは20mgを1日3回に分けて服用します。1日に摂取する用量は60mgまでになるようにしましょう。

抗不安薬や抗うつ薬を初めて使う方や不安によって眠れない方、不安や睡眠障害でも症状が軽度な方や依存症や副作用が心配な方、軽度のうつ症状の方、このような方にはおすすめできる医薬品と言えるでしょう。
また、この度の政令改正によって成分をエチゾラムとしているデパスの個人輸入が規制されましたが、今までデパスを使っていた方が、安全性の高いセディールに切り替えると言ったケースもあるようです。